協会へのお知らせformember

【津山ユネスコ協会】地域遺産活動:ユネスコ協会・高校・地域住民の三者連携による文化財修復の取り組みがスタート

2021.02.10

開基704年と伝えられる法福寺(岡山県真庭市)の仁王門の欄間は、かつては黄色や緑に着色されていましたが、長年風雨にさらされ、色落ちなどの劣化が進んでいました。

そこで、津山ユネスコ協会の仲立ちにより、美作高校の生徒たちによるに欄間の修復活動がスタートしました。同校美術教員の指導で現代創造コースの生徒と美術部員、英語ユネスコ部員の生徒、あわせて約30人が作業にあたります。12月12日には学校側に欄干の引き渡しがあり、生徒ら6人が見守る中、総代3人が欄間を取り外しました。

仁王門から欄間取り外し

これから色合い・塗料の種類、着色作業の仕方などを研究し、古くなった顔料を剥がし、細かいサンドペーパーによる磨きなど、何段階にもわたる作業を進めていきます。

ご住職と高校生で記念撮影
高校での欄間点検と今後に向けた協議

新型コロナウイルスの流行により、発表会などすべての行事が中止となりましたが、高校生たちにとって、欄間という文化財の修復事業は、地元住民との交流の機会となり、地域貢献をする格好の機会となっています。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて