減災教育と自然災害発生後の教育支援educationsupportitem

東松島市立鳴瀬第二中学校より 御礼のメッセージが届きました

2011.08.17

当協会連盟は、東日本大震災で被災した学校の要望に応じた支援を行っています。
支援した宮城県東松島市立鳴瀬第二中学校では、在校生の84%が津波の被害を受け、66%の生徒(7月現在)が自宅外に居住しているそうです。

校長先生は生徒たちに「支援を受けることを当たり前であると考えるのではなく、常に感謝の気持ちをもち、一人一人が思いやりの心を大切にして学校生活を送るように」とお話をされているそうです。
校長先生は、手書きでのメッセージを送ってくださいました。

鳴瀬第二中PSCN1518001.jpg

「校外学習のバス代をご支援いただき、ありがとうございました。
1・2年生はお陰様で楽しく充実した活動をすることができました。また、備品につきましても、地元の業者より、全て納品していただきました。
これからの教育活動に大切に活用させていただきます。心より感謝申し上げます。」

平成23年7月吉日
東松島市立鳴瀬第二中学校
校長 高橋 裕子


引き続き、「東日本大震災 子ども支援募金」へのご協力、よろしくお願いいたします。

—————————————————-
「東日本大震災 子ども支援募金」にご協力お願いいたします。
詳しくはこちら↓
https://www.unesco.or.jp/contents/feature/feature_ct.php?id=183

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて