減災教育と自然災害発生後の教育支援educationsupportitem

釜石市・野田武則市長が表敬訪問

2012.04.27

kubo_20110624.jpg東日本大震災で大きな被災を受けた岩手県釜石市から、4月26日(木)、野田武則氏市長が御礼の表敬訪問にお越し下さいました。
当協会連盟は、「東日本大震災 子ども支援募金」の一環として、釜石市教育委員会へスクールバス、仮設学童保育所、移動図書館車等を贈呈しています。また、遺児・孤児の皆さまへは、MUFG・ユネスコ協会育英基金で奨学金のご支援をしています。

市長は、東京での防災会議出張のお忙しい合間を縫って、当連盟まで足をお運びくださいました。
「ユネスコの支援は、本当に子どもたちにとって必要なもので、いち早く支援をして下さったことに感謝します。」と市長は述べられました。
また、「震災から1年がたちましたが、これからいよいよ復興へ向けて前進していかなければなりません。課題は山積しているのですが、頑張りたいと思います。子どもたちの支援についても濃い、薄いがでてきているようなので、実態をきちんと調査して、改めてご相談させてください。」ともおっしゃっていました。
kamaishi_0427.JPG

また、事務局職員に向けて「移動図書館や学童保育、その他さまざまなご支援、本当にありがとうございます。ですが、復興にはまだまだ時間がかかります。これからもご支援、どうぞ宜しくお願いいたします。」とご挨拶されました。

 

kamaishi2_0427.JPGこれまで、支援した学校から児童・生徒さんが来局されることはありましたが、被災地の市長さんがお見えになるのは本日が初めてでした。野田市長のご挨拶を伺い、事務局員は支援への気持ちを新たにしました。

市長のお言葉通り、被災地の復興はこれからが正念場です。当連盟では、被災地域の子どもたちの学びを支援するべく「ユネスコ協会就学支援 奨学金」を中心に、被災地支援を継続していきます。引き続き、皆さまからのご協力をよろしくお願いします。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて