東日本大震災子ども支援募金「ユネスコ協会就学支援奨学金」scholarship

高校生になりました!

2014.06.13

こんにちは。

震災子ども支援担当の上岡です。


ユネスコ協会就学支援奨学金で、昨年度採用した岩手県宮古市の奨学生の皆さんから、この春、無事に高校に進学したという嬉しい報告がありました。


ところで、宮古市の高校では、新入生が上級生から十数曲の応援歌を教えてもらう、伝統的な「応援歌練習」という行事があるそうです。

今年も入学後すぐに行われた「応援歌練習」は、高校に進学した奨学生にとって、とても印象的だったようです。お手紙の中に書かれた感想をお伝えします。


「最初の試練でした・・」

「昼食ものどを通らないほど緊張しました・・」

「つらい練習ですが、くじけずに頑張ります」

「先輩たちに負けないように本気で取り組みました」

「すごく辛い4日間でしたが、頑張って良かったと思えました」

「乗り越えたからこそ、終わった時は大きな感動がありました!」

「終わった後、伝統を守ることの大切さ、大変さを感じました」

「入学して間もないにも関わらず、よい経験ができました」


奨学生の皆さんは新しい環境の中で、心身ともにいっそう強く、たくましく成長していくことでしょう。


この春高校に入学した奨学生は、震災時、ちょうど小学校の卒業式を迎えるところでした。

ある親御さんからいただいたお便りをご紹介します。


「震災直後はちゃんとした式をしてあげられず、この春の中学校の卒業式は涙、涙でありました。志望校合格が決まり、高校の入学式では震災当時を思い出して、感慨深かったです。制服、教科書等、皆さまからの支援金(奨学金)を使わせていただきました。ありがとうございました。」


1_20140613.jpg

引き続き、皆さまからのご協力をよろしくお願いします。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて