お知らせnewsitem

未来遺産運動「コロナ特別応援金」を支援

2021.10.11

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟は日本の地域の文化や自然を100年後の子どもたちに伝えていくことを目指し、2009年から未来遺産運動を行っています。地域の文化や自然を保護・保全、継承する市民活動を「プロジェクト未来遺産」として登録し、現在、全国37都道府県で73プロジェクトを数えます。
2020年、2021年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、新たな「プロジェクト未来遺産」の募集、登録は中止いたしました。
しかしながら、コロナ禍でも活動を推進している「プロジェクト未来遺産」に対して、特に影響を受けている無形分野を対象に「コロナ特別応援金」を設置し、支援を行うことといたしました。

2021年10月8日(金)にオンラインで開催された未来遺産委員会(委員長:西村幸夫 國學院大學教授)にて、「プロジェクト未来遺産」から申請のあった「コロナ特別応援金」の審査を行い、下記の8プロジェクトへの支援を決定しました。


【コロナ特別応援金支援プロジェクト 計8団体】  ※登録年順

①葵プロジェクト
(一般財団法人 葵プロジェクト/京都府京都市 )

②みんなでかぶこう!!プロジェクト~農村歌舞伎祇園座~
(香川町農村歌舞伎保存会/香川県高松市)

③伝統行事を支えていく未来の担い手育成事業
(春を呼ぶ会/三重県名張市)

④ 笑い講とお笑い講で世界中に笑いを広める運動
(一般社団法人防府市観光協会 【現:一般社団法人防府市観光協会】 /山口県防府市)

⑤鬼と炎が舞う長岩屋修正鬼会
(長岩屋修正鬼会保存会/大分県豊後高田市)

⑥山口鷺流狂言伝承者育成プロジェクト~子ども達に残す鷺流狂言~
(山口鷺流狂言保存会/山口県山口市)

⑦未来へつなぐ子ども達の健康と健やかな成長を~田井の子供神相撲~
(田井子供神相撲保存会/香川県高松市)

⑧「くも合戦」保存プロジェクト
(姶良市加治木町くも合戦保存会/鹿児島県姶良市)


上記プロジェクトの活動概要は当連盟ホームページ内のプレスリリース資料または未来遺産プロジェクトのページにてご覧いただけます。

■プレスリリースはコチラ

■未来遺産運動のページはコチラ

また、2021年11月19(金)には、活動の一助となるよう、無形分野の「プロジェクト未来遺産」で、課題や情報交換を行うオンライン交流会を実施予定です。

~2021年度の未来遺産運動は、以下の企業にご協力いただいています~

東日本旅客鉄道株式会社 、住友ゴム工業株式会社 、ジェットスター・ジャパン株式会社 、株式会社明治 
後援:読売新聞社 

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて