世界寺子屋運動terakoyaitem

南インドにおいて洪水被害後の教育支援を実施

2020.03.09

日本ユネスコ協会連盟では、2002年から2012年まで南インドのカルナータカ州ゴカックにおいて「世界寺子屋運動」を実施してきました。プロジェクトでは35軒の寺子屋(CLC)を設立し、3万人以上が識字や小学校クラス、職業訓練を受けることができました。また、170以上の女性の貯蓄グループが組織化されました。現在では、地域の人びとが自立的に寺子屋の運営を続けています。

 

そのゴカックを含むカルナータカ州を2019年8月に未曾有の豪雨と洪水が襲いました。多くの村が浸水し、学校や寺子屋も被害を受けました。

日本ユネスコ協会連盟では、かつてのパートナー団体であるBIRDSからの要請を受け、被害が大きかった10村の小学校や寺子屋を2019年9月から12月まで支援しました。

 

文房具を失った生徒が多かったため、21校の小中学校の4,693人に通学バッグや文房(筆記用具やノート)を提供したほか、特に被害が大きかった10校に地球儀や地図、スポーツ用品などを支援しました。また、水に浸かった寺子屋10軒の補修を行い、外壁の塗装や割れたガラスの交換などを行いました。

 

通学バックや文房具を受け取った生徒のひとりは、「通学カバンが使えなくなったので、教科書をビニール袋に入れて学校に行っていました。すごく嫌でした。でも今はプライドを持って通学できます。」と語ってくれました。

 

「世界寺子屋運動」では、一方的な資金援助ではなく相互理解や交流も目指しています。東日本大震災の際には、インドの人びとから数十万円の募金が届けられました。今後も、現地との交流を継続していければと思っています。

通学バックを受け取った小学生たち
地球儀や地図などの学用品を提供した

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて