世界遺産活動worldheritageitem

フィリピンの伝統的知識継承プロジェクト シリーズ③

2011.10.27

philippines_1020.JPGフィリピンの世界遺産活動では、教育の中で世界遺産である棚田を守っていくために必要な伝統的知識を学ぶことを目的として、教材を制作しています。

フィリピンの世界遺産活動について、詳しくはこちら

伝統的な知識が、いかに世界遺産を保護・継承していくことに重要な意味を持つのかについて少しでもご理解いただくために、シリーズでお伝えしたいと思います。前回に続き、小学校3年生向けの教科書からイフガオの稲’Tinawon’について学びます。

レッスン5)
イフガオの人びとは、長い年月をかけて棚田にTinawonを植えて
きました。過去そして現在にいたるまで、どのようにして
管理されてきたのでしょうか。

Lesson5.JPG

レッスン6)
これはイフガオの地図です。イフガオには3つの主要な川があり、
11の州があります。その他に、イフガオにはどのような特徴があるでしょうか。

 

Lesson6.JPG

 

次回は、来週木曜の更新予定です。お楽しみに。
 
レッスン5)の答え
イフガオの人びとは、Tinawonが育つ環境である棚田に、
浸食から守るために石積みの壁で囲ったり、あぜ道を修理したり、
と絶え間のない手入れをしています。

レッスン6)の答え
2,523メートルの山があり、山の裾野から世界的に有名な
棚田が広がっています。

_______________________
世界遺産活動へご協力お願いします。詳しくはこちら

 

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて