世界遺産活動worldheritageitem

小学校の教科書として採用決定!―アンコール教育教材開発プロジェクト

2012.03.23
nurie2_0323.JPG

2008年からスタートした『世界遺産アンコール教育教材開発プロジェクト』。観光客にはとても有名なアンコール遺跡群ですが、カンボジアには、アンコール遺跡に行ったことがない、歴史を知らない子どもたちがたくさんいます。

2010年に制作した小学校5・6年生向けの教材が、シェムリアップ州教育青年スポーツ局・アプサラ機構の協力のもとで、公教育の授業の中で教科書として活用されることが決まりました。
シェムリアップ州の6つの郡(チクライン郡、プラサート・バコン郡、シエムリアップ郡、ポック郡、アンコールトム郡、バンティアスレイ郡)の小学校5年生・368クラスで子どもたちが、アンコール遺跡について勉強することができます。

導入に向けて、3月13日~19日の間に先生たちのトレーニングが行われました。
先生たちは、「子どもたちにカンボジアの大切な文化を伝えていきたい」と意気込みを語ってくれました。
子どもたちが楽しみながらアンコール遺跡について勉強し、世界遺産アンコール遺跡を次の世代に引き継いでいって欲しいと思います。

アンコール塗り絵事業について詳しくはこちら

nurie_0323.JPG

nurie3_0323.JPG

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて