世界遺産活動worldheritageitem

第37回世界遺産委員会 終了! 新たに19物件が世界遺産に

2013.06.28

6月17日~27日までカンボジア・プノンペンにて開催されていた第37回世界遺産委員会が終了しました。今回『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』を含め、新たに文化遺産14件、自然遺産5件、複合遺産0件の合計19件が世界遺産リストに追加され、全部で981件(文化遺産:759件、自然遺産:193件、複合遺産29件)となりました。

一方、危機遺産リストは、『バムとその文化的景観』(イラン・イスラム共和国)が削除され、新たに、『東レンネル』(ソロモン諸島)と『古都ダマスクス』『古代都市ボスラ』『パルミラの遺跡』『古都アレッポ』『クラック・デ・シュヴァリエとカル-エッサラー・エル-ディン』『シリア北部の古代村落群』(シリア・アラブ共和国)6件の文化遺産が追加され、合計44件になりました。

また、今回初めてフィジー共和国とカタール国の物件が世界遺産に登録され、世界遺産条約締約国190カ国のうち、160カ国が世界遺産を保有しました。

■日本 富士山-信仰の対象と芸術の源泉

1_20130628.JPG

■カタール共和国 Al Zubarah Archaeological Site

2_20130628.jpg
©Qatar Museum Authority

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて