ページ内を移動するためのリンクです。

世界遺産とは

世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物です。現在を生きる世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産です。
世界遺産は、1972年の第17回UNESCO総会で採択された世界遺産条約(正式には『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』:)の中で定義されています。2015年12月現在、世界遺産は1031件(文化遺産802件、自然遺産197件、複合遺産32件)、条約締約国は191カ国です。

世界遺産条約の誕生

1960年代、UNESCOはアスワンハイダムの建設によってナイル川流域にあったヌビア遺跡を水没の危機から救うためにこの遺跡群を移築して保存する救済キャンペーンを行いました。このときに「人類共通の遺産」という世界遺産条約の基本的な考え方が広がり、1972年、「世界遺産条約」の採択へとつながっていきました。

世界遺産の種類

世界遺産には3つの種類があり、有形の不動産が対象です。

文化遺産

顕著な普遍的価値を有する記念物、建造物群、遺跡、文化的景観など

例)インドのタージ・マハル、ドイツ連邦共和国のケルン大聖堂など

自然遺産

顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系、絶滅のおそれのある動植物の生息・生育地など

例)タンザニア連合共和国のキリマンジャロ国立公園、アメリカ合衆国のイエローストーン国立公園など

複合遺産

文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えているもの

例)ギリシア共和国のメテオラ、グアテマラ共和国のティカル国立公園など

登録までの流れ

1 条約締約国の推薦
国内の世界遺産候補物件リスト(暫定リスト)の中から
条件が整ったものを世界遺産委員会に推薦。
3 世界遺産委員会(原則年1回)
専門機関からの報告書をもとに世界遺産リストに登録するかどうかを決定。世界遺産委員会は、条約締約国21カ国の代表から構成され、新規に世界遺産に登録される物件や拡大物件、「危機にさらされている世界遺産」(危機遺産)などの登録および削除、また、登録された遺産のモニタリングや技術支援、ワールド・ヘリテジ・ファンド(世界遺産基金)の用途などを審議、決定を行っています。登録基準はこちら

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま