世界遺産活動worldheritageitem

第2フェーズがスタート! バイヨン寺院ナーガ・シンハ彫像修復プロジェクト

2014.09.01
2014年4月中旬、カンボジアの正月「クメール正月」が開けた後、本格的に本プロジェクトの第2フェーズが始まりました。
第2フェーズでは、観光客が最も集中するバイヨン寺院正面となる東参道のナーガ彫像、シンハ彫像、欄干の修復を行います。
1_20140901.jpg
写真:第2フェーズが始まったバイヨン寺院正面  ©NFUAJ/JST、JASA
この場所は、70年代、80年代の内乱の影響や、かつて遺跡内の巨木が倒れた際の影響を受け、20世紀初頭にフランスが行った修復後の写真と見比べると、大きく様変わりしています。
この場所を修復することで、バイヨン寺院正面の景観が大きく改善され、以前の荘厳な印象を取り戻すことが期待されます。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて