アフガニスタン寺子屋プロジェクトAfghanistan CLC Project

アフガニスタン寺子屋プロジェクトについて

  • アフガニスタン・バーミヤンの寺子屋で学ぶ女子
  • アフガニスタンイスタリフ村民家寺子屋で学ぶ子どもたち
  • 識字クラス_修了証書

不安定な国内情勢や女性の教育に否定的な保守的な地域も数多く残るなか、首都カブールに現地事務所を置き、カブール県、パルワン県、バーミヤン県の3県を対象に、主に女性を対象とした民家での識字教育などの①「基礎教育」や、②「収入向上活動」を実施しています。また、モデルとなる寺子屋(CLC※)を設立し、その運営に必要な知識や技能を地域の寺子屋運営委員に伝えるなどの③「人材育成」を行っています。

※CLC:寺子屋のように、学校外の教育を担う地域学習センターを総称して、現地では「コミュニティ・ラーニングセンター(CLC)」と呼んでいます。

プロジェクトの背景Project Background

■低い女性の識字率

女性は教育を受ける必要がないという考え方や、女性が外出することへの抵抗などの慣習が残っているため、女子・女性向けの基礎教育の機会が限られています。特に農村地域では、女性の識字率は10%にも満たないといわれています。

■国家再建する人材不足

1979年の旧ソ連軍の侵攻以来、戦争や内戦などの混乱が続き、多くの国民が兵士や難民になることを強いられたため、国家再建のための人材が著しく不足しています。

Dewan begee repeuge camp

[ アフガニスタンの基本情報 ]

長年にわたる戦争や内戦などの混乱により、教育システムが崩壊し、アフガニスタンの識字率は世界でも最低レベルとなってしまいました。タリバン政権下にあった1995年から2001年まで、女子に対する教育は一切禁じられ、戦乱に巻き込まれた学校は破壊、または強制的に閉鎖されていました。

[ 活動概要 ]

実施団体
日本ユネスコ協会連盟アフガニスタン事務所
現地パートナー
アフガニスタン教育省
アフガニスタンの子どもたち

プロジェクトの紹介Project Introduction

世界寺子屋運動では、現在、以下の活動を行っています。

活動を支える・参加するParticipation to support

私たちの活動には、多くの方々にさまざまなかたちでご協力・ご支援をいただいています。
わたしたちの想いに共感してくださる方を、心よりお待ちしております。ひとりひとりの力を未来の力に。

facebook

mail magazine

入力いただいたメールアドレスに認証メールが届きます。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、受信箱への移動をお願いします。 また、ドメイン「unesco.or.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

個人情報保護方針の取り扱いについて
  • MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金
  • アクサ生命×日本ユネスコ協会連盟の減災・防災プログラム
  • 守ろう地球のたからもの
  • 未来に託す確かな思い 遺贈について
  • 絵日記を通じて交流の輪を広げる「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」
  • ESDパスポート
  • ESDポータルサイト
  • つながる募金
  • 書きそんじハガキキャンペーン実施中!
  • 都営三田線にユネスコ世界寺子屋運動の広告掲載!
  • 教育現場の皆さま|支援のお願い
  • 教育現場の皆さま|支援のお願い